【不幸な結婚式】 迂闊に余興も出来ないというお話