実家が長いこと洋菓子屋を閉店する時におじいさんから「私はここでケーキを買って、 赤ん坊のように大事に抱えて帰りました」と立派な弔辞をもらった