長く友人だった鬼彼の家に泊まる事になったが...彼娘『え?(私は)お父さんの部屋で寝るんじゃないの?』彼奥『主人の部屋に(私の)布団を用意してた』私『え?』