【映画論評】「告発の行方」という映画について。やはり女の敵は女、時々男