眼鏡店で働いていた時、お客様の要望に応えられるように丁寧に対応していた。すると店からは「厄介者」扱いされるようになった。