【恩と恨み】何かと面倒見てくれた祖父の今際の時、看護士や親に色々言われたけど内心「まだ生きて何になるんだ」と思ってた